バンコクのマッサージパーラー(MP)、シーザーへ行ってきた。

ここ最近、この店は不発なことが多いというか、
姫が少なくて指名せずに他の店に行くことが多かった。
しかも他の店とはラチャダーピセークという大通りを挟んでいるので、
移動が若干面倒。

地下鉄のフイクワン駅はかなり深いので、
長々としたエスカレーターに乗らなくてはならない。

そんな事情もあるので、
足が遠のいていたのがシーザーだった。

 

今回は久しぶりのバンコクだったこともあり、
シーザーを皮切りにしてポセイドンやナタリーを
攻めようかと思っていた。

いわばシーザーは捨て駒というか、
一応久々に見てみるだけぐらいのつもりで。
しかし、今回は6時前に到着したところ、
姫が10人以上いた。

そして、3人ほどかわいい姫もいる。

 

金額は1,900バーツから5,000バーツ越えまで。

他のマッサージパーラーと比べて価格帯の幅が広い。

お金がないと思われたのか、
4,000バーツ越えからは店員の説明が雑だった(苦笑)。
マレーシア経由でやってきた関係もあり、
若干通貨の感覚が頭の中で整理できておらず、
1,900バーツの次が2,600バーツだった時に、
なぜか「シーザーは他よりは高めだな」と思った。

実際は他の店と変わらない。

 

ということで、2,600バーツの姫を選び、
久しぶりのバンコクのマッサージパーラーを楽しんできた。

やはり部屋もきれいだし、
プレイ前の身体の洗い方も丁寧。

プレイ自体は軽く舐めるぐらいで、
取り立てて濃厚ということはなかったが満足だった。

 

今回の姫は妙にお尻の大きな、
脱ぐとその気にさせるようなタイプ。

また遊びに来たくなってしまった。

 

シーザーを出ると、露天でソーセージを売っていた。

皮が固めで歯ごたえがあり、かなり美味しい。

バンコクは食べ物も美味しいので、
やはり遊びに来るのにちょうどいい。