フィリピンの永住権(クオータービザ)の手続きのため、
日本大使館へ行ってきた。

その時の記事はこちら

 

そして大使館はエドサコンプレックスのすぐ近く。

徒歩3分かからないほど。

福利厚生の一環なのではないかと思う立地だ。
ちなみに、モール・オブ・アジアへも歩いていける距離。
ということで、大使館での手続きが午後5時頃に終わったので、
その後にマッサージを受けて時間をつぶし、
食事をしてからエドサコンプレックスへ。

パスポートや警察本部で取得してきた指紋の証明書など、
重要書類を持っていくのもどうかとは思ったが、
この距離では行くだろう。

以前にスペースガールやカジノ、サンバは行ったので、
今回は新しい店を開拓することに。

まずはコットンクラブに入ってみることにした。

 

時間が7時半ぐらいと早かったので、
まだ姫も7人しかいなかった。

その中の1人が美人だったので指名することに。

今回もそうだったが、
エドサコンプレックスのゴーゴーバーでは
1人も美人がいなかったことがない。

ただし、1人しかいないことは多い。

もしこの姫がいなかったら、
正直指名せずにビールだけ飲んで帰っていただろう。
ということで席に姫を呼び寄せたのだが、
香椎由宇が日焼けしてニコニコしている感じで、
とてもかわいかった。

胸はまったくなかったが・・・

どうも英語があまり通じていないらしく、
いまいち会話が成り立っていなかったが
楽しい時間を過ごせた。
この姫は珍しく持ち帰りを迫ってこない。

他のゴーゴーバーの場合、
エドサコンプレックスにしてもブルゴスにしても、
とにかく持ち帰りを第一に考える姫が多い。

あるいは周りのスタッフが勧めたり。

コットンクラブでは、特にそうしたことはなかった。

今回はエドサコンプレックスの他の店も見てみたかったので、
これはちょうどよかった。
30分ほどいたのだが、
その間にステージ上の姫が倍程度に。

コットンクラブはエドサコンプレックスの中で
姫が多いゴーゴーバーではないが、
8時以降ならそれなりに華やかだった。

それでも他の店に比べるとやはり少なめな印象はあったのだが。