フィリピン、マニラにあるEDSAコンプレックスの
ゴーゴーバー、カジノ(CASINO)へ行ってきた。

時間は8時過ぎ。

まだ早めの時間だったが、
ステージ上のダンサーは15人ほど。

しかもレベルが高い。

選びたい姫が3人いる。

これは迷う。
特に急ぐ必要もないのでゆっくり選ぼうと思い、
とりあえずおとなしく座っていた。

カジノの席は長いソファーになっているのだが、
隣に団体客が来ていたので
妙に店内がにぎわっている感じがする。
ダンサーの3人を見比べていると、特に決定打がない。

誰に来てもらっても全然かまわないのだが、
いざ選ぶとなると決め手に欠ける。

いっそのこと2人ぐらい呼び寄せようかとも思ったが、
姫同士の相性が良くないと気まずくなるだけだし・・・。

 

そんなことを思っていたら、
ダンサーではないGROの姫が近づいてきた。

しかも目がクリクリしていて可愛い。

ゴーゴーバーで働いている感じではなく、
すれていない雰囲気を持っている。

ニコニコして目の前でこっちを見ているし、
その姫を選ぶことにした。

 

カジノに来る前に行ったスペースガールズと同様に、
この姫も少しだけ日本語が話せた。

フィリピンでは本当に日本語ができる人が多い。

夜の店ももちろんだが、
それ以外の美容院等であっても。

昔から日本人がフィリピンで遊んできた証だろう。

名誉なのかどうかはいまいち分からないが(苦笑)。

 

この姫は胸もかなり大きく、タッチをしても嫌がらない。

日本語と英語交じりの会話を交わしながら、
色々ボディータッチをして楽しんでいた。
まだ他の店も見て回りたかったので、
この日は持ち帰りなしで帰ることに。

一応値段を聞いてみたら、
バーファインが1,950ペソ
(1,850ペソだったかもしれない)。

ショート3,000とロング5,000ペソだった。

EDSAコンプレックスの相場通り。
この日は飲み物代とレディースドリンクで1,000円ぐらい。

 

またEDSAコンプレックスに来た時、
カジノはぜひ来たい。

今回選ばなかったダンサーもいる。

ただ、カジノの店内は狭いので、
今回の姫とのことを考えると少し気まずい。

そこが少々気がかりだ。
何だかんだ行っても、
また来ることは間違いないのだが。