コットンクラブを出てから、
同じくエドサコンプレックスにある
ピットストップ(PITSTOP)に行ってきた。

まだ8時過ぎだったが、
こちらは15人以上の姫がいた。

席に促される途中、
ワンピースを着た姫がいいなーと思いつつ、
とりあえずそれ以外もチェックしたいと思い、
ステージを見たり、
他の姫を見たりしていた。
結果、やはり最初に見かけた姫が一番ということに。

その姫に来てもらった。
彼女も普段はダンサーで、
ピットストップでは週一で
ダンサーが踊らずにワンピースを着て席に座っているらしい。

24だと言っていたが、
肌の感じからするともう少し上だった気がする。

スタイルはとてもいいのだが、
顔は若干歳がいっている感じがした。

 

2日前まではエドサコンプレックス近くが
脇腹ぐらいまで冠水していたらしく、
大変だったということだった。

雨が続いていたし、
たしかにフィリピンのニュースではそうした映像も流れていた。

私が住んでいるマカティでは
大きな水たまりがいくつかあるぐらいで、
冠水とは程遠かったが・・・。

やはり地域差が激しいのだろう。

 

そんな話を聞きながら胸を触ったりしていたのだが、
あまり胸は触られたくないらしく、
やんわりと脚に誘導された。

この姫が言うには、
ピットストップはエドサコンプレックスの他のゴーゴーバーより
持ち帰りの料金が安いらしい。

バーファインは変わらず1950ペソで、
姫への支払いが相場より500ペソ安い。

つまり、ショートなら2500ペソ、ロングなら4500ペソ。
たしかにスタイルはいいのだが、
近くで見ると顔がいまいち。

顔立ち自体は美人顔なのだが、
ちょっと肌の感じが・・・。
まして、ピットストップを出て明るいところで見たら、
さらに問題が深刻化するおそれがある。

ゴーゴーバーではよくあることだ。
ということで、持ち帰りはせずにピットストップを後にし、
さらにエドサコンプレックス内を見て回ることにした。